四国愛媛県を中心にBLS、ACLS、PALS講習会

BLSプロバイダーコース

BLS(Basic Life Support、一次救命処置)は心停止後の救命の基礎です。BLSコースでは、成人・小児・乳児に対して質の高いCPR(心肺蘇生)を行い、AED(自動体外式除細動器)を使用する技術を習得します。

このコースを修了することで、目の前の心停止に対して迅速かつ自信を持った対応ができるようになります。 コース時間は、Classrom形式では実技・筆記試験を含めて約6時間、HeartcodeBLSは会場では実技試験のみで約2時間です。

Classroom BLS

これまで通り、知識や実技の習得、試験も会場で行うコースです。

Heartcode BLS

プロバイダーに必要な知識の習得は自宅で行い(e-ラーニング)、コース会場にては技術の習得のみを行いますので効果的な学習と感染リスクの低減が両立可能です。
電子テキストが付随しますので、テキストの別途購入は不要となります。e-ラーニングの有効期限は2年間なので、受講後も繰り返しご自宅で復習ができます。

学習内容

  • 心肺停止の認識
  • 胸骨圧迫と人工呼吸による心肺蘇生(CPR)
  • 自動体外式除細動器(AED)の使用
  • 窒息の対応

対象

  • 医師、歯科医師、看護師、その他医療機関で働く全ての方
  • 救急救命士、救急隊員
  • 医学生、看護学生
  • その他心停止の傷病者を助けたい方

BLSプロバイダーコースの受講料

13,200円〜16,500円(消費税込)

銀行振込(前払い) または クレジットカード払いが選べます。

キャンセルポリシー

使用する教材・器具

Classroom BLS

BLSプロバイダーマニュアル 2020(日本語版)
 書籍定価:4,840円(税込、送料無料)
BLSプロバイダーマニュアル 電子書籍 2020(日本語版)
 電子書籍:3,960円程度(税込、送料不要、注意点

※ 電子書籍での受講も可能です。
※ 書籍版・電子書籍版ともにコース申し込み時に同時購入いただけます。

必ず受講前にテキストを熟読してください。

Heartcode BLS

Heartcode BLS オンラインパート
G2020(日本語版)

費用は受講料に含まれます。
現在、パソコンのみで受講でき、2年間繰り返し学習することができます。

 ※ BLSプロバイダーマニュアルも電子書籍として閲覧できます。
 ※ 常時インターネットに接続できる環境が必須となります。

受講条件

  • 胸骨圧迫のできる方
  • 具体的には前かがみの状態で両手または片手でマネキンの胸部に体重をかけて圧迫できる方
    (介助を必要とせずに通常の日常生活がおくれている方であれば大丈夫です)
  • 受講時点で活動性の感染症(インフルエンザ等)のある方は受講できません
  • AHAの規定により、BLSプロバイダーマニュアルをお持ちでない方の受講はできません。書籍または電子書籍版のBLSプロバイダーマニュアルをご準備の上、事前に内容を把握しておいてください。(筆記試験時にはBLSプロバイダーマニュアルを参照可能です)

その他

  • コースは実技が主体です。運動ができる服装でお越しください。スカートや胸元の広い衣服、ローライズのジーンズ、ハイヒール等は避けてください。
  • Classroom形式では筆記試験がありますので、筆記用具をお持ちください。
  • ポケットマスクは会場で貸与します。ご自身でお持ちの場合はご持参ください。
  • コースでは茶菓の準備があります(昼食はありません)。
愛媛トレーニングサイトのロゴ 白

愛媛トレーニングサイト

設立日  2006年4月12日
AHA(アメリカ心臓協会)のAuthorized ITC Seal
Ehime Training Site is aligned with FSH-ITC in Japan
お問合わせ
Copyright© 愛媛トレーニングサイト All Rights Reserved.